文献・史料関係

紹介欄内のレベルは入手困難度を表しています。
また、価格については、発売当時の価格設定であり、入手金額ではありません。


[TOP]  [検索]  [ログ]  [管理用



日下義雄傳  2008/03/20/16:52:17
慶応年間 会津藩士人名録 附斗南職員録 若松縣職員録  2008/01/06/18:28:53
会津 鶴ヶ城の女たち  2008/01/06/14:22:41
逆風に生きる〜山川家の兄弟〜  2008/01/06/14:03:51
旧幕府5  2007/12/31/00:36:55
旧幕府4  2007/12/31/00:32:32
旧幕府3  2007/12/31/00:28:00
旧幕府2  2007/12/31/00:21:23
旧幕府1  2007/12/31/00:13:42
荒川勝茂 明治日誌  2007/12/30/23:48:37


日下義雄傳
筆者名 中村孝也
販売価格 非売品
発行年月 昭和3年3月18日
入手困難レベル レベル4
コメント
会津藩士であり、飯盛山で自刃した白虎隊士石田和助の実兄日下義雄の伝記。
日下義雄(石田五郎)は戊辰戦争敗戦後井上馨の知遇を得て、岩倉欧米使節団に同行、米国留学の後ヨーロッパを視察。
帰国後は内務省に勤め、長崎県知事を経て、福島県知事、弁理公使となる。また若松から衆議院議員に2回当選。また若松〜郡山間のを走る鉄道「岩越鉄道株式会社」を民間資本で設立し開通させた人物。

記入日時 2008/03/20/16:52:17

慶応年間 会津藩士人名録 附斗南職員録 若松縣職員録
出版社名 勉強堂書店
販売価格 5250円
発行年月 平成4年10月6日
入手困難レベル レベル3
コメント
慶応2年9月以降と思われる会津藩士の名前、禄高、役職が記された名簿と、斗南藩と若松縣の職員録を収録した本。

記入日時 2008/01/06/18:28:53

会津 鶴ヶ城の女たち
筆者名 阿達 義雄
出版社名 歴史春秋社
販売価格 1000円
発行年月 56920
入手困難レベル レベル3
コメント
会津戦争の際、藩士女性たちの動向を記した書。
籠城した女性たち、自刃した女性たち、避難した女性たち毎の項目で、具体的例を挙げて描いている。

記入日時 2008/01/06/14:22:41

逆風に生きる〜山川家の兄弟〜
筆者名 中村彰彦
出版社名 角川書店
販売価格 1900円
発行年月 平成12年1月30日
入手困難レベル レベル1
コメント
会津藩士で後明治時代に活躍した山川大蔵と山川健次郎兄弟の生涯と、家族や出来事を記した評伝。

記入日時 2008/01/06/14:03:51

旧幕府5
筆者名 戸川安宅編
出版社名 マツノ書店
販売価格 50000円
発行年月 平成15年2月1日
入手困難レベル レベル4
コメント
『旧幕府』は明治三十年代に刊行された雑誌で、幕末研究に不可欠の史料。しかし何度か復刻されるも部数が少なく、現在も古書価格では10万以上の価格が付いていて入手が中々難しい書籍ではありますが、タイトル通り旧幕府軍側の多くの史料を掲載した本。
5巻には一例として、「江川坦庵先生に関する諸記録」「近藤勇の伝」…他

記入日時 2007/12/31/00:36:55

旧幕府4
筆者名 戸川安宅編
出版社名 マツノ書店
販売価格 50000円
発行年月 平成15年2月1日
入手困難レベル レベル4
コメント
『旧幕府』は明治三十年代に刊行された雑誌で、幕末研究に不可欠の史料。しかし何度か復刻されるも部数が少なく、現在も古書価格では10万以上の価格が付いていて入手が中々難しい書籍ではありますが、タイトル通り旧幕府軍側の多くの史料を掲載した本。
4巻には一例として、「函府人名録」「慶応日記抜抄」「幕末事況武士の名残」…他。

記入日時 2007/12/31/00:32:32

旧幕府3
筆者名 戸川安宅編
出版社名 マツノ書店
販売価格 50000円
発行年月 平成15年2月1日
入手困難レベル レベル4
コメント
『旧幕府』は明治三十年代に刊行された雑誌で、幕末研究に不可欠の史料。しかし何度か復刻されるも部数が少なく、現在も古書価格では10万以上の価格が付いていて入手が中々難しい書籍ではありますが、タイトル通り旧幕府軍側の多くの史料を掲載した本。
3巻には一例として、「逸事史補」「上総国請西藩林昌之助忠嵩」「柏尾の戦い」「新徴組の事」「泣血録序」「伏見戦争の一斑」…他。

記入日時 2007/12/31/00:28:00

旧幕府2
筆者名 戸川安宅編
出版社名 マツノ書店
販売価格 50000円
発行年月 平成15年2月1日
入手困難レベル レベル4
コメント
『旧幕府』は明治三十年代に刊行された雑誌で、幕末研究に不可欠の史料。しかし何度か復刻されるも部数が少なく、現在も古書価格では10万以上の価格が付いていて入手が中々難しい書籍ではありますが、タイトル通り旧幕府軍側の多くの史料を掲載した本。
2巻には一例として、「旧上山藩江戸鹿児島藩邸浪士討伐始末」「結城藩戊辰始末」「上野戦争実記」「宇都宮辺戦争記」「会津藩誓詞」「牧老人広沢先生小伝」「甲賀源吾君の略伝」「古屋作左衛門氏の書翰並始末」「逸事史補」「函館戦史」「会津藩老神保修理の事」

記入日時 2007/12/31/00:21:23

旧幕府1
筆者名 戸川安宅編
出版社名 マツノ書店
販売価格 50000円
発行年月 平成15年2月1日
入手困難レベル レベル4
コメント
『旧幕府』は明治三十年代に刊行された雑誌で、幕末研究に不可欠の史料。しかし何度か復刻されるも部数が少なく、現在も古書価格では10万以上の価格が付いていて入手が中々難しい書籍ではありますが、タイトル通り旧幕府軍側の多くの史料を掲載した本。
1巻には一例として、「戊辰之夢」「南柯紀行」「彰義隊発起顛末」「幕府軍艦開陽丸の終始」「幕末名士小伝」「松平容保小伝」「函館始末」「会津史を読む」「会津の白虎隊」「沢太郎左衛門氏の日記」「彰義隊戦争実歴鈔」「長州征伐日記」他…。

記入日時 2007/12/31/00:13:42

荒川勝茂 明治日誌
筆者名 荒川勝茂(星亮一編)
出版社名 新人物往来社
販売価格 9300円
発行年月 1992年11月20日
入手困難レベル レベル4
コメント
会津藩家老北原采女の陪臣である荒川勝茂の日記を掲載したもので、会津藩上洛からその死までの生涯を記した本。特に斗南での過酷な生活が詳細に描かれていて、会津藩士たちの苦悩を知る事が出来る貴重な資料。

記入日時 2007/12/30/23:48:37

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

No USER PASS
++HOME++
TOP
shiromukuDATA version 1.25