文献・史料関係

紹介欄内のレベルは入手困難度を表しています。
また、価格については、発売当時の価格設定であり、入手金額ではありません。


[TOP]  [検索]  [ログ]  [管理用



京都守護職始末  2007/12/30/23:41:39
京都守護職始末1・2巻〜旧会津藩老臣の手記〜  2007/12/30/22:57:51
幕末維新 京都史跡事典  2007/12/30/19:13:41
敗者の維新史〜会津藩士荒川勝茂の日記〜  2007/12/23/17:57:26
会津藩はなぜ「朝敵」か〜幕末維新史最大の謎〜  2007/12/23/17:44:51
孝明天皇と「一会桑」〜幕末・維新の新視点〜  2007/12/23/17:42:52
幕末の会津藩〜運命を決めた上洛〜  2007/12/23/17:38:35
ある明治人の記録〜会津人柴五郎の遺書〜  2007/12/23/17:30:14
真説・会津白虎隊〜会津藩に学ぶ品格〜  2007/12/23/17:16:32
会津戊辰戦争史料集  2007/12/23/08:35:35


京都守護職始末
筆者名 山川浩
出版社名 マツノ書店
発行年月 平成16年7月10日
入手困難レベル レベル4
コメント
明治44年に発行された同名書籍をマツノ書店より復刻されたモノ。文章も原文のままなので、初心者には読みにくいですが、原文の雰囲気を味わえる本です。

記入日時 2007/12/30/23:41:39

京都守護職始末1・2巻〜旧会津藩老臣の手記〜
筆者名 山川浩
出版社名 平凡社(東洋文庫)
販売価格 各450円
発行年月 昭和41年2月10日
入手困難レベル レベル3
コメント
もともと明治44年に「京都守護職始末」という同名にて山川浩名で出版された書籍を平凡社から東洋文庫シリーズの一つとして現代語訳にて出版されたもの。
そのため、原文より読みやすい。

記入日時 2007/12/30/22:57:51

幕末維新 京都史跡事典
筆者名 石田孝喜
出版社名 新人物往来社
販売価格 9800円
発行年月 1997年11月10日
入手困難レベル レベル3
コメント
京都内の幕末に関係する史跡を紹介した事典。
但し、五十音順になっているので、目的の史跡が探しづらいのが欠点。

記入日時 2007/12/30/19:13:41

敗者の維新史〜会津藩士荒川勝茂の日記〜
筆者名 星 亮一
出版社名 中公新書
販売価格 680円
発行年月 1990年4月25日
入手困難レベル レベル1
コメント
会津藩家老北原采女の陪臣である荒川勝茂の日記「明治日誌」を元に会津藩上洛からその死までの生涯を記した本。これは「明治日誌」を参考としているのみであるが、新人物往来社よりは「明治日誌」というタイトルで原文を掲載した史料も出版されている。

記入日時 2007/12/23/17:57:26

会津藩はなぜ「朝敵」か〜幕末維新史最大の謎〜
筆者名 星 亮一
出版社名 ベスト新書
販売価格 680円
発行年月 2002年9月1日
入手困難レベル レベル1
コメント
戊辰戦争・会津藩京都守護職・孝明天皇の謎の崩御・慶喜追放の舞台裏・仕組まれた鳥羽伏見の戦い・奥羽越列藩同盟の心などを取り上げて記した本。

記入日時 2007/12/23/17:44:51

孝明天皇と「一会桑」〜幕末・維新の新視点〜
筆者名 家近良樹
出版社名 文春新書
販売価格 700円
発行年月 平成14年1月20日
入手困難レベル レベル1
コメント
これまでの会津藩・幕末観に新視点から切り込む作品で、今まで見えてこなかった歴史の舞台裏が見えてくるオススメ作品。

記入日時 2007/12/23/17:42:52

幕末の会津藩〜運命を決めた上洛〜
筆者名 星 亮一
出版社名 中公新書
販売価格 740円
発行年月 2001年12月20日
入手困難レベル レベル1
コメント
会津藩の京都守護職拝命から鳥羽伏見の戦い迄を紹介した本。割とわかりやすい文章であるので、入門書としてオススメ。

記入日時 2007/12/23/17:38:35

ある明治人の記録〜会津人柴五郎の遺書〜
筆者名 石光真人
出版社名 中公新書
販売価格 660円
発行年月 1971年5月25日
入手困難レベル レベル1
コメント
会津藩に生まれ、明治〜大正期に藩閥の外にありながら陸軍大将にまで上り詰めた柴五郎の幼少〜少年期迄の出来事を記した遺構を掲載した本で、会津戦争や斗南での生活の悲惨さなどが綴られた貴重な資料といえる。ぜひ一冊は持っておきたい。

記入日時 2007/12/23/17:30:14

真説・会津白虎隊〜会津藩に学ぶ品格〜
筆者名 早川廣中
出版社名 双葉社
販売価格 667円
発行年月 2006年11月15日
入手困難レベル レベル1
コメント
ペリー来航から会津戦争までの会津藩の動きを中心に紹介した本で、目新しい説や発見はほとんどありませんが、読みやすい本だと思います。

記入日時 2007/12/23/17:16:32

会津戊辰戦争史料集
筆者名 宮崎十三八編
出版社名 新人物往来社
販売価格 9800円
発行年月 1991年10月10日
入手困難レベル レベル5
コメント
タイトル通り、会津藩の戊辰戦争に関する史料を集めた史料集で、特に旧会津藩士による日記や体験談などを収録している会津戊辰戦争を研究する上で必携の一冊。
しかし、これも絶版となっており手に入りにくい。

・会津藩大砲隊戊辰戦記
・鳥羽へ御使並大阪引揚の一件
・暗涙の一滴
・戊辰戦記結草録
・辰之日記草稿
・中軍護衛隊
・戊辰会津開場に付使者の始末
・十七歳にて会津籠城中に実験せし苦心
・男装して会津城に入りたる当時の苦心
・会津婦女隊従軍の思ひ出
・戊辰後雑記
・萬年青
・今は昔思ひ出し記
・松の落葉
・戊辰の役会津殉節婦人の事蹟
・応徴日札
・明治戊辰殉難者之霊奉祀ノ由来
・栖雲記

記入日時 2007/12/23/08:35:35

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

No USER PASS
++HOME++
TOP
shiromukuDATA version 1.25